読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めも。

長文ツイートの墓場みたいな感じ。

レディ・ベス

5/19(月)ソワレ
Wキャスト:
ベス 花總まり
ロビン 山崎育三郎
メアリー 吉沢梨絵
フェリペ 平方元基
アスカム 石丸幹二
平方平間加藤(潤一)寺元お見送り回



 





久しぶりのきちんとした“劇場”での観劇でした。まずオケピの音出しにわくわくしてたw
会場そのものにはじまり、セットから衣装から安っぽいものがひとつもない。格が違うってこういうことだなあと思いました。
衣装がもんのすごかった。ドレスがどれもめちゃくちゃかわいかったのと、布がすごい。重そうだなー高そうだなーと見ておりました。メインキャストだけじゃなくてアンサンブルの衣装も同じクオリティだからすごい。演出家や出演者的には以前オーブで観たロミジュリが一番近いと思うのですが、今回の衣装を見てロミジュリが安っぽく見えてしまったのはそこの違いだったのかなとw
セットに関してはとってもおもしろかった。少し斜めに設置されたぐるぐる回る円盤が基本の舞台になっていて、その柄がモザイク模様の時計版?みたいになっててとってもかわいかったのです。あとアスカムの語りの場面ではそこに星空みたいな映像が映されてたりでものすごくきれいだった。造形がひとつひとつ凝っててかわいかったです。

ミュージカルというよりオペレッタのような印象を受けました。歌うメインキャストはほぼ踊らないし(衣装的に踊れないし)そのほかにもそんなにがっつり踊る場面が少なかったような。直前に観たのがインザハイツっていうのもあると思いますが。だけど当たり前ですがキャストの全員が完全にミュージカル歌唱なので少し違和感を覚えつつ。メアリー役の吉沢さんの声の張り方がすごく好みだったのですが、機械があるのなら次は現代劇で見たいなあといった感じ。
歌詞がいかにも訳詞!!!!って感じだったのがものすごーく残念。あんまり日本語として響きがきれいじゃなかったんだよなあ。全部が全部とは言わないのでおもしろいと思ったのもいくつかありましたが。ロビンが初めてベスの屋敷の庭に忍び込んだシーンのベスとロビンの掛け合いの歌とか、すごくおもしろかったりしたので。
あとおもしろかったのはメアリーがベスを宮殿に招いたときにうたう歌。〈いい種と悪い種のたとえ〉はそのまんまマタイ福音書13章24節-43節。7人の騎士と悪魔の歌を聴くな踊るなというのはちょっと出典わからずですが。騎士の話が黙示録ベースなら4人の騎士と7つの封印のはずなので、そこはなんともいえず。
全体的になんともわかりやすい歌詞が多かったのでその辺注目して聴いてみたらおもしろかった。1回目でもこれだけ聴けるっていうのはやっぱりすごい。

ストーリーに関してはちょこちょことんん?と思うところもありつつ、まあそこはあくまでフィクションなのでと目を瞑りました。
途中のバルコニーからベッドシーンまでの一連の流れはロミジュリかな???となったwロビンがバルコニーのぼったら大笑いするわ、と思ってたら案の定のぼりました。
あれで最後ベスがロビンと結ばれることを選んだらたぶんすんんんんんごい納得いかず終わったと思うのですが、ロミジュリとは違いレディベスには冷静で影響力のある大人がいて、冷静で現実的なヒロインがいて、ちょっと夢見がちだけど現実を受け入れられるヒーローがいたのでとても好感がもてました。
「君が幸せに生きる権利はあるはずだ!」とせまるロビンを突き放して「私には幸せより責任の方が重いの」と言い切ったベスはかっこよかったし、王位を継承する決意をしたベスを見つめて悲しげに、でも静かにひざまずいたロビンも素敵だった。
山崎ロビンはとってもチャライケメンで、もう初っ端からすごい少女マンガでした。というかロビンだけじゃなくフェリペも少女マンガだったし、そんな2人に言い寄られるベスも少女マンガで、全体的に宝塚とか少女マンガとか、そういう女の子のための世界ではあったかも。平方フェリペ、登場こそゲスクズおいしすぎwwwwwとなったけどなんかすごいいい王子様でびっくりでした。斜に構えて鼻で笑いつつ物事をよく考え追われるお姫さまに手を差し伸べる王子様完璧イケメンすぎてしんだ。ここのWキャストに関しては加藤ロビンも古川フェリペも気になりすぎてチケット取ろうか迷うレベル。
この話はベスを主人公にすすむけど、これメアリー視点で考えたらとってもつらい話だなあと思った。フェリペが「あんな年増より若くて美しいベスと結婚したいよ」って言うんだけど、美人で素直な妹を持った不細工(とまでは言ってないけど決して美しくはないんだろう)でひねくれた姉。そりゃあひねくれもするよ、という生い立ちを考えるとほんとうにただひたすらメアリーが報われないなあと思ったよ。

今回はそもそもそーちゃんを見に行ったので基本的にそーちゃんが出てるときは彼を見てたんだけど、予想してたよりも踊る場面がなくてびっくり!そもそもこれといった群舞もなかったし、そーちゃん完全にアクロバット要員でした。けど歌のソロパートがあったり、おいしいとこ前に出てきたり、けっこうセリフがあったりと思ってたよりもきちんとキャラクターとして成り立ってた。
そもそも三人組の中で一番小さいのに、表情をくるくる変えるキャラクターでものすごくちびっこみたいになってました。遠目で見たら子役かな?って感じw
最後女王となったベスにわー!って手を振って他の2人にこら!って引っ張られてるの天使すぎた。何見ても思うけど本当に彼はセリフとか、メインで前に出てないときの細かいキャラクター作りまで徹底しててほんとうにすごいなあと思う。ダンスを期待して行ったけどもっと演技してるそーちゃんを見たくなりました。