読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めも。

長文ツイートの墓場みたいな感じ。

沼反復横跳びマンがLDHのライブに行ってきた。(各Gのおはなし)

雑記 LDH

ひとつの記事に書くと大変なボリュームになると気づいたので記事を分けます。

GENERATIONS、三代目、セカンド、それぞれのグループのライブを見て思ったこと。

 

  • GENERATIONS

ハマるんならここからだろうなあって元々思ってました。いかにもEXILE!なゴリゴリ感がなくて、ビジュアルもかわいい系。

twitter.com

4年前ぐらいにこんなことを言ってた。

まだまだ垢抜けなさと固さがあって、でもこれからだ!っていう熱量と若さがすごくて、ハラハラするし心配にもなるんだけど、楽しそうでがむしゃらなメンバーはかわいいし、日々成長してる彼らを見てるのが楽しいっていう感じを受けました。SPPEDSTER、すごく楽しかったし元々ダンスボーカルグルーブを追ってたことのある身としては馴染みのある感じ。

あと映像で見てる限りでは裕太くんと隼くんのもう「楽しいです!!!!」って感じがすごく好きだなって思ってニコニコみてたのですが実際現場入ったら片寄ばっかり目が追ってました。人間とは正直なものです。それと代々木当日の感想ツイを引用しようかと思ったのですがあまりにも頭悪そうな感じだったのでやめておきます。

 

もう彼らはグループっていうより“三代目J soul brothers”っていう1プロジェクトなんだろうなあ。ものすごい熱量と物量のショーでした。

twitter.com

twitter.com

twitter.com

twitter.com

METROPOLIZ、小さい頃よく家のテレビで流れてたアメリカのショーってこういう感じ(イメージ)だったなあって感じを受けました。そして“三代目のライブ”を見に来た人は「そうじゃない」って思うんだろうなあってことも同時に思いました。

わたしもね、TLに流れてくるメンバーのレポ見ながら、そういえばメンバーのこと見てたかなって考えて、ほぼほぼ見てなかったことに気づいたんですよね。もちろん席がド天井だったのもあるんですが、正直あんまりメンバーそのものに見どころを感じなかった。それよりも外周に配置された鳥籠の中だったり、メインステージで衣装翻らせて踊るダンサーさん、SUMRIZE、照明でキラキラするドーム全体、そういうのが楽しかった。今、三代目って周りの大人たちが「こういうものをつくりたい」って思ったものを実現するための器なんだろうなあって思いました。(メンバーも演出に関わってるとかそういうお話ではなく)ただそれってわたしにとってそんなにネガティブなことではなくて、彼らはあれだけのステージでメインキャラクターを務められるだけの華があったからこその現状なんだろうなあという印象。

それと多分わたしはラルクを見てるから、規模の大きくなりすぎた船は、もうメンバーだけの問題で動かせるものではないんだっていうのに慣れきっているのかもしれないです。ラルクさん、セトリすらメンバーで決めませんからね。でもそれだけの大きな船になれるアーティストやアイドルがどれだけいるんだ?って考えたら、今の三代目ってめちゃくちゃすごいんだなあって素直にポジティブにとらえてます。

 

ほんっっっっっっとにここに関しては誤算でした。まさかこんなにハマるなんて思ってなかった。まずそもそもビジュアルが好みじゃない。あんなゴリゴリした筋肉マッチョ集団ほんとうに好みじゃない。友人の押しに負けるようにライブに行ったのが運の尽きでした。なにがこんなに刺さったのか、今でもあんまり言葉にできないんだけど心持ちとしてはほんとうにBBBを見てる時と同じ気持ちなんですよね。それとかRENTとか。オーシャンズ11とかJAM TOWNもそんな感じだったな。筋書きもセリフも何回見たって一緒なのに何回見ても楽しい。

正直入るまでは「LDHのライブってMCもセトリも毎回一緒なんでしょ?じゃあそんな何度も入る意味なくない?」って思ってました。けどセカンド見て、そういえば筋書きもセリフも曲目も毎回同じショー、わたし大好きで死ぬほど見てるわって気づいたんですよね。ただやっぱり筋肉ゴリゴリは好きじゃないので毎回OP映像とタンクトップ破くところは半笑いで見てます(笑)けどね、タンクトップ破いてキャー!ってなるの、亀梨和也のサングラス外し芸みたいなものでは?と思ったらなんとなく腑に落ちたので以前ほど冷ややかな感情はなくなりました。

セカンドのパフォーマーって見た目のわりにゴリゴリなダンスする人そんなにいないんだなあと思うのですが(AKIRAさんぐらい)それもまたわたしの好みで。missingやlet it goを踊るケンチさんを見て初めて筋肉のついた肉体ってきれいなんだなあって思いました。ケンチさんコンテ踊ってくれ。(コンテ踊る男の人がしぬほどすき)

それとやっぱり外せないのはTETSUYAさん。彼のステージングがほんとうに好きです。彼は踊り方、動き方、客席への視線の向け方、どれをとってもミッキーみたいだなあって思います。一番好きだー!って思ったのは客席への視線の向け方で、彼は客席見るときに誰か個人ではなく全体を見渡していて、それを見てほんとうにほんとうに幸せな気持ちになれました。

わたしの中で唯一絶対のスターがミッキーで、ステージに立つ男の子はみんなミッキーを見習ってくれと思っているので、推しに対して最上級の褒め言葉として「ミッキーみたい」って言うことがよくあるのですが、TETSUYAさんはその中でも一番ミッキーだなあと思っています。

twitter.com

それと、アミューズの平間壮一くんの踊り方とTETSUYAさんの踊り方そっくりなので気になった方はぜひ調べてみてください。何年か前のDEの舞台にも出てました。

あとはやっぱりボーカルもがっつり踊るところも刺さった要因かなあとは思います。GENEも踊るけどネス吉ほどじゃないじゃないですか。いや、せっかくある程度踊れるんだから数寄にもパフォーマーと一緒になって踊ってほしいんですけど。両親が口癖のように「歌いながら踊れない子はダメ」と言っていたり、長いことw-inds.に見慣れてきた身としてはやっぱりボーカルだけ踊らないのに物足りなさを感じてしまうところがあるので、ネス吉ぐらいパフォーマーと一緒になって踊ってくれるのはほんとうにストレスなくて楽しいです。Back to the future歌って踊る将吉くんほんとすき。