めも。

長文ツイートの墓場みたいな感じ。

沼反復横跳びマンがLDHのライブに行ってきた。(まとめ)

髭と筋肉がこの世で一番嫌いな人間がHiGH&LOWにはまったせいでなぜかLDHランドに足を踏み入れることとなり、GENERATIONS、EXILE THE SECOND、三代目J soul brothersのライブに行ってきたので忘備録のような感想のようなものです。

 


まずわたしの育った環境と通ってきた諸々のお話から。

父親フュージョンとフォーク、90's00'sぐらいのJ-POP、ディズニーランドが好き。元バンドマン。

母親:クラシック、ミュージカル、洋楽アイドルバンド、90年代V系が好き。腐女子

という両親の元に育ちました。

両親とも民放バラエティとジャニーズが嫌い、みたいなサブカルクソ野郎(暴言)の典型みたいな人間で、ついてるテレビは古い洋画やディズニー映画、ブロードウェイミュージカル。BSとかCSで放送してる海外アーティストのショー、トニー賞エミー賞の授賞式。たまにMステ、みたいな環境でした。

親たちがそれぞれ年に何回かライブやコンサートに行くし、それに連れて行ってもらったりもしてました。オーケストラとかオペラ、ミュージカル。あと普通にJ-POPアーティストも。それと、小さいころからディズニーにショーパレ見に行ってました。

 

自分自身の遍歴としては

1.SPEEDを中心にアクターズ系女子グループに家族でハマり

2.GLAY全盛期を通り(当時母親はラルク派)

3.w-inds.を中心に当時流行ってたあの手のダンスボーカルグループを追いかけ

4.中学生になってラルクに出戻り(?)して

5.そのままアリス九號.→THE KIDDIEとバンギャル街道を走り

6.大学になってがくぽをきっかけに歌い手踊り手のニコ動界隈に足を踏み入れ

7.大学の半ばぐらいからアミューズを箱推ししだし

8.去年の初めにはKAT-TUNや赤西くんソロにも手を出し始めました

この間妹に付き合ってK-POPの草むらでピクニックをしたり宝塚から全力で逃げ惑っていたりディズニーの年パスを買ったりしています。正直もう一切かすってすらいない三次元ジャンルが声優しかありません。

しかも大体通ってきたジャンル全部移ってきてるんじゃなくて好きなものを増やしている感覚なので、前述した諸々でもう完全に捨てきったのはニコ動界隈ぐらいです。もうその辺の話は長くなるので割愛します。

 

っていうそんなクソチョロ節操なしがアミューズ界隈から仲良くなったのに2年ほど前からエグザイル村の原住民となっていた頭のおかしいおたくに鬼のような布教を受けた結果、全然守備範囲外、なんなら一生手を出すことはないだろうと思っていたLDHの現場に行くこととなりました。

ちなみにちょっと気になりだしたのが去年の10月。そこから怒涛のLDH強化期間(勝手に)が終わるまでの間に行った現場は

10/28 PKCZ

12/08 GENERATIONS

12/22 PKCZ

12/26 EXILE THE SECOND

12/26 えりえちゃんラストイベント

01/13 THE RAMPAGE

01/19 EXILE THE SECOND

02/02 EXILE THE SECOND

02/08 EXILE THE SECOND

02/10 三代目J soul brothers

ラインナップからもわかるように一番楽しかったのは?って聞かれたらもう全力でセカンドです!!!!!って答えます。

 

入りは三代目からでした。ハイローを見てコブラちゃんかわいい顔してるな?広斗かっこいいな?おみがんとは?となったところから本格的に中の人が気になり始めました。一緒のタイミングで沼落ちした友人がGENERATIONSにハマったのと、原住民の友人がセカンドのおたくだったこともあり、とりあえず一度全部見てから考えよう(考えよう)となったわけです。

ちなみに現場に入る前に原住民の友人に一通り鑑賞会をしてもらったのですがその時点ですでにこの状態でした。

twitter.com

 

それぞれのグループの雑感は別記事にしておきます。

 

br96.hatenablog.com

 

ここまでLDHにどっぷりしてしまったのはなんでだろうなあって思ったときにひとつ明確に思い当たることがあって、それは最近の若手俳優だったりアイドルだったりにある認知とかファンサとか、そういうのを求める空気がほんとにほんとに嫌いだっていうこと。

君らはなにを見に行っているんだ?って何度思ったことかわからなくて、それがものすごいストレスになってて、それで若手俳優も結局アミューズから外に広げなかったりしてました。(アミューズはそういうの、まだマシな方だと思っている)

LDHだって全くないわけじゃないのはわかってるけど、でもあれだけ規模が大きくなるとやっぱりそういう空気って少なくなるし、向こうもそれをよしとしてないところがあるから安心して見ていられる。なんというか、事務所と解釈違いを起こしていないことってとても快適だなあと実感してます。

 

正直いつまでこの熱が続くかはわかりませんが、回数は減ったとしても嫌いになることはよっぽどないだろうなあ。先入観から解き放ってくれたハイローと、ものすごい熱量で布教してくれた友人には感謝しないといけないなあと思いつつ、しばらくこの熱狂の中で踊っていようかなあと思っています。